経験の浅い方向けのFX取引の書籍では、「差損が生じた場面ではナンピンをして全体の平均の買い付けコストをコントロールする事が出来る」とアドバイスしている事もありますが正直に言うとナンピン買いには大きな落とし穴があると思います。浮気の証拠集めに関しての注意事項

最初に、ナンピン買いの手法に関して分かりやすく説明しておこう。メールレディ 安全

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。痩せる酵素

$買いということで、円安になればなるほど黒字が出るわけだが逆に1ドル95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。鬼怒川温泉 旅館 ランキング

このままの状態でポジションを所有し続けたら、利益がでるためには、円高になった分、円安に動く必要があります。スリムゼウス 効果

損は早急に取り戻したい願います。ペニス増大サプリ

これを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ分の$を1ドルを95円で取引します。悪質サイトについて

すると、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

言い換えると、半分の幅でドル高が進むと、マイナスを回復する事ができます。

それが、ナンピン買いの仕組みです。

このように、ナンピン買いのやり方を聞くと「もっともだ」という風に思うが相場は容易には問屋を卸してくれない。

だいたい、1ドル=95円が下限だとということなど誰にもわからないのである。

もし、相場が相当のドル安動向であれば95円では収まらず、更に一段のドル安になる可能性は高いです。

1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、95円までドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションにも、赤字が生まれることになってしまいます。

そういう状態では一番初めに持ったポジションと同時に損失を被ることになります。

それゆえ、ナンピンは難しいです。

それでは、市場が自らの筋書きとは反対にさっと進む場合、いかなる術で危機を管理すればいいのでしょうか。

ここで取るべき対策は多くはありません。

ひとつは覚悟を決めて損を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては自分か保持しているポジションを縮小することによって再び相場が回復するのを動かないで待機する事です。

大人しい方法だと言う人もいます。

だが、買いポジションに差損が生まれた場合、最も正しい対策はそれ以外にはあるはずがありません。

勿論、ロジックのうえではナンピンする手段もあると思います。

しかしナンピンは、自分自身が損失を披っているのにポジションを無くすどころか反対にポジションを重ねていく方法です。

これでは、危険を回避することなど、どうやってもやりようがないと思うべきです。

ナンピンをし続けられればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

でも、そうなる先にお金が足りなくなってしまいます。