自動車に乗っている人は承知していると思いますが、自動車税というものを支払う義務があります。アリシアクリニック

それでこの税金は自動車の売却の際に戻ってくるお金なのです。すっぽん小町 飲み方

こういった内容はちょっと自分でやると簡単に分かりますが、最初から流れを出来るだけわかりやすく説明します。ダイエットエステ 横浜

あえて補足するならば、国産で生産された車だけでなく外車などでも自動車税が還ってくる対象になります。ビーグレン

もちろんクルマなども当てはまります。ボニック

自動車税という税金はクルマを所有する人が払わなければいけない税なのですがこれは車の排気量により定められています。http://kinmusaki.blog.jp/

1リッターより小さいなら29500円、1リッターから1.5リッター以下の場合34500円です。

その後は500cc刻みで5000円ずつ増加していきます。

そしてこのお金は4月1日時点で車を所有している人が来年3月までの金額を払う事になっています。

つまり前払いになるということですから、勿論ですが車を売ってしまって所有権を手放した際では先に払った分の金額は戻ってくる事を意味します。

自動車税は先払いで年度内の全額を払いますので、年度内に車を引き取ってもらった際は買い取った保有者がこの税を支払わなければいけないのです。

売却相手が中古車買い取り専門店であれば売却した際に所有者が払いすぎた税額を返還してくれます。

つまり、所有権を手放した瞬間以後の税金は権利が移った所有者が納付義務を負います。

もしもあなたが10月中に自動車を買い取ってもらったのであれば、11月から次の年の3月までの税額は返金されます。

それは、前も述べた通り自動車税というのは一年分を先払いしているという決まりによるものです。

ということは、売却者は売却相手に税を返してもらうということです。

業者を介さずに愛車を売却するときに意外とこのような大切な事実に気付かない人が多くいるので、確認するようにしてください。

自動車税という税金は車の売却で還ってくるという事実を意外に知られていないからと言ってその状況を隠す悪徳業者もあります。

自分から自動車税の返金について話を切り出さなければ完全に税金のことに触れないという場合も見受けられます。

そのため車の買い取りをお願いする際には、税金が返ってくることの確認を忘れないようにしましょう。